お手入れ方法・修理/support

長くお使いいただくための帆布製品のお手入れ方法

保管方法
保管する際は、なるべく乾燥した風通しの良い場所に保管してください。
汚れ落とし
洋服ブラシでのブラッシングなど、ホコリや表面の汚れを落としてください。ちょっとした汚れならプラスチック消しゴムで軽くこするだけで落ちる場合があります。(防水加工をしてある為、出来るだけ自己流での洗濯はしないようにして下さい。)
使用上のコツ
■日々の使用において、荷物が偏ったままだったり、固定されたまま使用を続けると一定箇所の生地の負担がかかり、スレたりしてしまうので、定期的に位置を変えたり、中身を入れ替えてください。
■帆布は綿製品ですので濡れた状態でこすられると衣類などに色落ちする場合があります。くれぐれもご注意下さい。
お手入れ
■偏って変形してしまった場合は、ドライヤーなどで暖めると蝋(パラフィン)が柔らかくなり、修正できる場合があります。
■防水効果に関しては、蝋(パラフィン)が剥離もしくは融解しなければ損なわれることはありません。
■ショルダーテープなど付属部を交換すれば、まだまだ使えて見違える物もあります。修理品として一度ご相談ください。

帆布製品の修理について

修理受付
当社製品の修理は喜んでお引き受けいたします。パーツが痛んだ為に、まだまだ使える帆布バッグがお蔵入り、というのはもったいないです。
長年ご愛用いただいたものから、傷んでしまった箇所についても、お気軽にご相談ください。但し経年変化により退化した帆布生地の染め直しや、防水の再加工については承っておりませんのでご了承ください。

なお、修理代金のお支払いにクレジットカードはご利用はいただけませんのであらかじめご了承ください。
修理手順
まずは鞄の状態をメールと写真などでお知らせ下さい。状態が分かれば修理メニューをご提案し、料金等をお知らせすることも可能ですが、状態を実際に確認してみないと判断できない場合もありますので、当社に届いてからお客様と直接ご相談させていただいております。なお、直営店やイベント会場等に直接ご持参いただいても構いません。

ご不明な点やご質問等はお気軽にメールや電話でお問い合わせください。

修理・お問い合わせ → メール
修理メニュー
■持ち手交換
■ショルダー・テープ交換
■ファスナー交換
■金具交換
■生地入れ替え(生地入れ替えの際は旧部との色の差異はご了承ください。)
■穴かがり
■糸ほつれ
修理例
●穴かがり
穴のあいてしまった箇所や、擦れて穴になりそうな箇所を部分的にジグザグに縫い、穴を埋める修繕方法。大きさや程度にもよりますが、小さい範囲であれば糸のみで穴を塞ぐため比較的安価にできます。少し大きめの穴になると"当て布"を施した上で縫う場合が多いので、写真のように裏面に当て布が見える状態で仕上がることになります。
穴かがり


●持ち手交換(綿テープに革付きのもの)
手ひもの綿テープがほつれたものや、痛んだ革手ひも部分など、付属のパーツを新しくすると、見違えて良くなる例です。(※綿テープのみのもの・革付きのもの、品番や箇所により料金が異なります。)
持ち手交換


●持ち手交換(革ハンドル)
持ち手が革のみのもの。品番や箇所により料金が異なります。
持ち手交換-革ハンドル